借りた覚えがない借金、そして保証人になってもいないのに闇金の取り立てが・・・

闇金の種類

自分の家族や知り合いが闇金からお金を借りたい一心で、債務者に関係のある人を無断で保証人にさせることで第三者にも被害が発生しています。

 

合法的な金銭貸借契約ではありえませんが、闇金の場合は虚偽であっても保証人にすることで、借りた本人以外にも返済を要求し取り立てをする手段にします。

 

もし、自分が勝手に保証人にされてしまった場合には、どのように対処すれば後腐れなく解決するのでしょうか?

 

法律上は他人の保証人になるためには債権者との間で、その借金を保証するという旨の保証契約を締結する必要があり、勝手に保証人にすることは出来ません。

 

たとえ債権者と債務者の間で、勝手に保証人にされてしまっても、保証契約を締結していないので、保証人としての責任を負う必要ははありません。
当然ながら債権者に対して保証契約は無効であると主張することができます。

 

闇金の場合、そのことは承知の上で取り立てに利用していますので、いくら「保証人ではない!」と主張しても違法な取立てや嫌がらせの圧力を止めることはありません。

 

一回でも保証人として返済させれば闇金にとっては大成功ですから、次からは立派な保証人としてヤミ金のターゲットにされることでしょう。

 

 

では、この様なケースでの対策はどうしたら良いのか?

 

それは闇金専門の弁護士・司法書士に相談し、代わりに対応してもらうのがベストです。
債務者もしくは保証人とされた方が闇金と直接対応せず、闇金問題専門のプロ(弁護士・司法書士)を代理交渉人にすることです。

 

保証人として目を付けられた方は、当初から返済させるべきターゲットとして闇金が計画した相手ですから、取り立て方法なども入念に計算して圧力をかけてきます。

 

そんな海千山千のプロの取り立て人を相手に、素人のアナタが勝てるはずもありません。アナタの力不足をフォローするのが闇金被害対策のプロです。プロにはプロで対抗するしかありません。

 

 

 

優秀な闇金対応の弁護士、司法書士であれば、依頼した当日もしくは数日で保証人問題も含めて、根本原因であるアナタの闇金被害も解決してくれます。

 

高金利で完済できない仕組みも、きびしい取り立て、嫌がらせも消し去ることが可能です。

 

この対策を取る上で考えなければいけないことは、
1、優秀な弁護士もしくは司法書士を探す必要があること。
2、弁護士及び司法書士に依頼すれば費用が発生すること。

 

しかし、心配する必要はありません。
優秀な弁護士・司法書士の心当たりがなくてもネット検索すれば見つけることができますし、弁護士や司法書士事務所がアナタの所在地でなくても、まったく問題なく解決することができます。

 

また、費用は闇金1件あたり4〜5万円程度ですが、闇金に払い続けることを考えれば、その1ヶ月分にもならないことでしょう。それに事務所しだいでは費用の分割、後払いも可能です。

 

 

最後に、『弁護士や司法書士に依頼すると闇金業者に報復されるのでは?』と心配される方もいますが、その心配はありません。

 

なぜなら、優秀な弁護士・司法書士であれば解決後のアフターフォローも万全だからです。
違法業者である闇金もバカではありませんから、貸金が10万円前後で弁護士・司法書士とトラブルになり警察に検挙されるようなことはしません。他の獲物を狙った方がはるかに得ですからね。

トップページ