あなたの闇金の取り立て被害を解決するにはノーリスクの無料相談窓口を利用するのがベスト!

闇金の取り立て被害とは

 

昼夜をとわない取り立てや嫌がらせで精神的に追い込まれている

 

家族や会社に知られず秘密にして解決したい

 

高金利が原因で返済するにも限界、今後どうなるのか怖い

 

警察に相談しても身体や家財に損害がなければ動きは鈍い

 

弁護士や司法書士は本当に取り立てや嫌がらせを停止させることができるの?

 

ネットで紹介されている弁護士や司法書士は本当に信用できるの?

 

自己破産してもヤミ金の取り立てや嫌がらせはなくならない?

 

自分が蒔いた種だけど、夫(妻)や子供そして親族に知られて家庭が崩壊することだけはは防ぎたい!
それにママ友や近所の友人にも知られたくない。

 

あ〜あ、どうしよう・・・

 

そんな声が聞こえてきそうです。

 

あなたの様に、合法の消費者金融、クレッジットカードや銀行のキャシングを複数利用したことで返済が行き詰り、違法な闇金融から借りたことで借金地獄に陥った方が大勢います。

 

これを、自分1人で交渉し解決するのは100%無理、現実的ではありません。

 

と、言うのも合法の金融会社は、最悪でも自己破産し裁判所から免責を受ければ債務は0となり解決することも可能ですが、闇金は破産してもまったく関係なく取り立ててきます。

闇金取り立て

 

ヤミ金融対策法という法律を適用すれば、
違法な闇金からの借金は、利息はおろか、元金も返済する必要なし!

 

なんですが、この法律を根拠に自分一人で闇金業者と交渉し、返済をチャラにできればバンバンザイ・・・なんです。
しかし、残念ながらその方法は犯罪者であるヤミ金業者相手では自分も含め親族への報復が心配で現実的ではありません。

 

でも、そのまま放置すれば高金利により短期間で返済に詰まり、被害が拡大するのは火を見るよりも明らかです。

 

でも、心配無用!
もっと他に、安全・確実で、家族や職場そしてママ友にも秘密にできる方法があります。

 

闇金被害

 

闇金相手の悩みは、いずれも頭を抱え怯える様なものばかり、1日でも早く闇金の取り立て被害を解決しなければなりません。
しかし、闇金融に対する知識や経験が無い一般市民にその方法があるとは思えません。

 

では、どうしたら自分の力不足をおぎなえるのでしょうか?

 

答えは、当たり前のことですが闇金業界に精通し、闇金の取り立て被害の解決に多くの実績がある人物を、あなたの代理人にすることです。
闇金業者との交渉は、代理人に任せて絶対あなたが行ってはいけません!

 

日本の法律では代理人になれる人は弁護士と司法書士です。間違っても違法な仲介屋などの甘い口車に騙されないように注意しましょう。

 

あなたも弁護士、司法書士を代理人にした方が良さそうだと思っていたかもしれませんね。
ただ、実際に相談や依頼するには費用の問題や秘密で解決できるか・・・、などの理由で二の足を踏んでいるのでは?

 

もしそうなら、安心してください!

闇金の取り立て被害の解決に長く尽力している弁護士、司法書士事務所は、相談者が置かれている状況を熟知しています。
そのために無料相談窓口の設置や費用の軽減、さらに費用の後払いや分割にも応じてくれる事務所が多いです。

 

では弁護士・司法書士をどうやって探すの?

全国に存在する弁護士や司法書士の中で、闇金の取り立て被害の問題に取り組んでいる事務所は数える程です。
その多くは全国の闇金の取り立て被害者の相談に対応していますのでネット検索すれば見つけることもできます。

 

ただ、その中で闇金の取り立て被害の解決に多くの実績がある弁護士や司法書士事務所は限られています。
もし、あなたがご存じなければ闇金の取り立て被害の相談及び解決に多くのの実績と経験がある国内有数の弁護士・司法書士事務所をコチラに表示していますので参考にしてください。
(身近に闇金専門の弁護士か司法書士がいれば、まずは相談してみましょう。解決まではスピード感が何より必要です。)

闇金の取り立て被害の解決に弁護士あるいは司法書士を利用する理由

闇金の取り立て被害の解決を弁護士、司法書士に依頼するメリットとは

何といっても1番のメリットは、取り立てと返済を停止させることができる点です。

停止の期間は闇金と合意できるまでなので、今までのように金策に駆け回ることも、取り立ての恐怖に怯えることもなくなります。

 

闇金業者との交渉は代理人である弁護士か司法書士が全て行いますので、あなたは何もしなくて良くなり解決を待つだけ。

 

闇金の取り立て被害の解決を弁護士、司法書士に依頼するデメリットとは

弁護士、司法書士を利用すれば費用が発生します。

金額は事務所によって多少の違いはありますが、資金が厳しい依頼者には費用の分割払い、後払い、割引などがある所もあります。

 

全国に対応している事務所なら問題ありませんが、通常であれば弁護士、司法書士事務所所在地に限定されます。

 

 

弁護士、司法書士を利用して闇金の取り立て被害が解決するまでの流れ

無料相談から解決までの流れは、各事務所ともおおむね次のようになります。

 

St.1 電話・メールでの無料相談
  各事務所とも無料相談窓口を設置していて電話またはメールで相談受付を行っています。
  口頭で闇金の取り立て被害の詳しい状況を説明する自信がなければ、メールで詳細を伝えましょう。

 

St.2 詳細状況の把握
  詳しい闇金業者名や借り入れ総額などをヒアリングし、交渉・和解方法を決定します。

 

St.3 受任契約
  費用や交渉方法が納得できたら弁護士もしくは司法書士と契約をします。
  この段階で、闇金への支払いを停止します。

 

St.4 闇金へ受任通知
  依頼した弁護士もしくは司法書士から闇金へ受任通知書が発送されます。
  そして受任通知書が闇金業者に到着した段階で、取り立てを停止させます。

 

St.5 業者との交渉
  各事務所が所持する業者リストや交渉ノウハウを駆使して、闇金業者と戦います。

 

St.5 和解・解決
  違法業者である闇金には徹底的な対処を行い、和解・解決に導きます。

闇金の取り立て被害への対応

 

ヤミ金から借金したら?

本来ですと『借りたものは返す』のが一般常識です。

 

でも、闇金には、違法な高金利のために完済ができません。
という言うよりもさせません!
なぜなら、捕まえたカモは最後までシャブリ尽くそうとするからです。

 

では、どうするれば闇金から逃れることができるのでしょうか・・・。

 

そのポイントは、
闇金(裏金融)との交渉を成功させるために、彼らが恐れる権威や後ろ盾を使うことです。

 

その最たるものは国家権力である警察ですが、彼らは『民事不介入』の原則で動いていますので、刑事事件でもない限り動きは鈍いものです。

警察に行って、相談しても、被害届を出しても『被害の証拠』がないと出動は難しいのです。

 

では、安心・安全を約束してくれる後ろ盾とは、いったい誰のことか・・・

 

それは、

時として警察をも動かす闇金に特化した『弁護士・司法書士』なんです。

闇金に特化した弁護士・司法書士事務所の特徴とは

弁護士・司法書士が警察と違うのは、闇金を検挙するのが目的ではないこと。

 

彼らは、依頼者(ヤミ金被害者)の要望に応え、その対価として報酬を受け取ることを生業にしています。

 

あなたの要望が、
闇金業者の摘発でなく過酷な取り立て及び支払いの即時中止なら、彼らは十分に応えてくれます。

 

ヤミ被害が深刻になるに従って、ますます闇金問題に特化した弁護士・司法書士の存在感が増しています。

闇金の取り立て被害に詳しい弁護士・司法書士の特徴

依頼費用が他の案件よりも安価である(闇金業者1件あたり5万円前後)

 

費用の支払いは、事務所により分割や後払い、割引もしてくれる

 

解決までのスピードが早い(最短なら依頼当日に、ほとんどは数日間で解決する可能性があります)

 

解決後のフォローもしてくれる(解決後にお礼参りなんてさせません

 

解決にあたっては夫や子供、そして親族・職場にも秘密にすることができる

 

 

闇金の取り立て被害の専門家(弁護士・司法書士)に依頼すると、
早ければ依頼した当日に、取立てと返済が停止されることも可能です。

 


闇金の取り立て被害は、強い意志を持って早めに対応すれば、解決することは十分に可能ですので、被害を受けてしまったら、1日でも早く弁護士なり司法書士の相談窓口を利用しましょう。
依頼する弁護士や司法書士には、特殊な闇金の取り立て被害の解決実績と経験が豊富にあるかがポイントです。

 

ただし、日本全国に弁護士、司法書士は沢山いますが、ヤミ金問題の経験と実績がある法務事務所は多くありません。
残念ながら、ヤミ金と聞いただけで門前払いをする弁護士・司法書士事務所が存在するのも実情です。

 

いずれにしても、ほとんどの法律・法務事務所は相談無料で、あなたにリスクは全くありませんから、
解決への第一歩は無料相談窓口から始めることをオススメします。

闇金の取り立て被害から、あなたを救ってくれる弁護士・司法書士を探す

 

ヤミ金対策を行っている弁護士や司法書士をご存知ではない方のために、ネットや独自調査で選んだ日本で有数の法律事務所及び法務事務所をご紹介します。

できれば2〜3ヵ所の事務所に相談をされて、ご自身の条件、相性に合う先を選ぶのがベスト!

ウイズユー司法書士事務所 

相談者ならば言ってほしい言葉が

”闇金の取り立て被害は必ず解決します!”

 

当事務所はこの通りに実践して、闇金に一番強い司法書士事務所だと高い評価を得ています。

 

代表の奥野正智氏は闇金の取り立て被害の解決に10年以上も関わり、豊富な経験と実績により、どんな場合でも依頼者の味方になってくれる熱血派の先生です。
また、資格の総合スクールLECの専任講師にも就任し、社会的にも幅広く活動されています。

事務所名・住所

ウイズユー司法書士事務所
大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F

代表者 司法書士 奥野 正智  大阪司法書士会第2667号 簡裁認定番号第312416号
依頼費用 闇金業者1件あたり5万円、複数件は割引可。 後払い・分割払い可

 

《電話・メール相談》いずれの相談も無料です。
フリーダイヤルですから通話料は何回でも、何時間でも無料。
全国に対応しています。
詳しい内容は公式サイトから↓

 

Duelパートナー法律事務所 

Duel 法律事務所代表

代表弁護士の正野嘉人氏は弱い立場の人の力になりたいという信念のもとに30年以上に渡って闇金や詐欺被害などに取り組むベテラン弁護士が代表。

 

あまりお金にならない消費者トラブル系ばかりやっている根は優しい弁護士です。
特に闇金の取り立て被害問題には熱く取り組んでいて”闇金の取り立て被害問題に強い弁護士”として多くの相談者に喜ばれています。

 

闇金の取り立て被害の解決に重要なことは、
◆ 悩むことよりも解決に向かって行動すること
◆ 一人で考えず専門家の知恵と経験を借りること
◆ 『必ず解決させる』という強い意志をもつこと

 

いったん取りつくと枯れるまで離れない害虫のような闇金は、1日でも早く解決しないと高金利と精神的なダメージにより生活が破綻します。
当法律事務所は全国に対応、電話・メールによる相談は時間・回数に制限なく無料です。

 

事務所名
住 所

 

弁護士法人Duel(デュエル)法律事務所
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5  新日本橋長岡ビル3階

代表者

弁護士 正野 嘉人
東京弁護士会 第19816号

費 用

◆ ご相談費用・無料
◆ 着手金・闇金業者1社当たり54000円(税込)
※分割支払い可、費用立替制度あり

 

無料相談時間
電話・メールとも365日・24時間受付中です。
詳細はコチラからどうぞ↓

 

ウイズユー司法書士事務所 女性専用ヤミ金レスキュー 

闇金の取り立て被害には女性の被害者も多く、特に主婦の方の被害者が増加してています。

そういった女性のために専用の闇金相談窓口を設けました。
早急な解決は、闇金対応に特化している弁護士、司法書士でないと難しく、対応ができない事務所もあります。
当事務所はヤミ金業者に強い専門家として知られ、特に女性の救済に力を入れています。

 

「違法な闇金からの借金は返済する必要は無い!」が持論で、
闇金の取り立て被害の解決には数日(当日〜3日)で決着する場合がほとんど。

事務所名・住所

ウイズユー司法書士事務所
大阪府大阪市北区東天満1丁目11-15 若杉グランドビル別館2F

代 表 者 認定司法書士 奥野 正智 大阪司法書士会第2667号/簡裁認定番号第312416号
依頼費用 ◆ 電話相談、メール相談とも無料

◆ 闇金業者1件あたり5万円
  複数件は割引可
  分割払い、後払いも可

詳しい内容はコチラから↓
ヤミ金レスキュー

 

弁護士法人 イストワール法律事務所 

イストワール法律事務所

”闇金の取り立て被害は100%解決させます”

この熱いスローガンを掲げて闇金と戦いぬく姿勢を強く打ち出している熱血事務所です。
・しつこい取り立てにをされている
・取り立てを放置したら酷い嫌がらせをされている
・違法な高金利が支払えない
・複数の闇金から借りている
・現在利用している金融業者が闇金のようだ
・090金融(携帯闇金)を利用してしまった
などなど、家族や職場にも内緒で相談可能です。

 

警察と密接に連絡を取り合い、突然の取り立てや脅迫などヤミ金絡みの緊急案件に随時対応しています。
北海道〜沖縄まで全国対応(離島も対応可)ですので安心してご相談下さい

 

《電話相談受付》
受付時間:午前9:00〜午後9:00(年中無休)
《メール相談受付》
365日、24時間受付てますが営業時間外であれば翌営業日に返信されます
相談は電話、メールいずれも無料です。
フリーダイヤルなので何回でも、何時間でも費用負担は一切ありません。

 

事務所名・住所

弁護士法人 イストワール法律事務所
東京都千代田区平河町2-4-13  ノーブルコート平河町403号

代 表 者 代表弁護士 多田 浩章  第二東京弁護士会所属
依頼費用 闇金業者違法業者1件につき:¥49,000、割引可、費用の後払い可

詳細はコチラから↓
イストワール法律事務所

 

 

相談する前に準備しておきたいこと

各事務所に相談をされる場合、下記の事項を伝えましょう。
◆ 闇金の利用件数
◆闇金業者の氏名、電話番号
◆ それぞれ最初に借りた日付と金額
◆ 借入方法(配達、振込)
◆ 返済方法(集金、振込)
◆ 現在の借入残高
◆ 支払っている金額と、その期間
◆ 取り立ての手段と内容

以上、あくまで分かる範囲でOKです。

※過去に弁護士、司法書士にて闇金)を整理した経験がある方でも相談できます。

 

 

ブラックリストとは

弁護士や司法書士事務所を使って、闇金からの借金をカットして完済させるとブラックリストに掲載さるのでは・・・と、

心配される方もいます。でも心配は無用です。
    なぜなら、違法である闇金融は信用情報機関に登録されていませんのでブラックリストとは無縁です。

闇金の取り立て被害の相談窓口を比較

依頼先

依頼の効果

解決スピード

費 用

司法書士 大いにある 早ければ即日、90%以上は数日以内に解決することも可能 安価(1件あたり50.000円が相場。複数であれば割引もあり)
弁 護 士 大いにある

早ければ即日、90%以上は数日以内に解決することも可能

司法書士よりも高い(1件あたり50.000円〜。受任費用も別途必要な所もあり)
警   察

傷害、脅迫など事件性が高ければ大きい

事件性がなければ遅い
傷害、脅迫など刑事事件性が高ければ早いが客観的な証拠が必要

無料
公共機関相談窓口 小さい 闇金との直接はせず、結局は弁護士、司法書士を紹介されるので解決が遅くなる 無料だが解決するためには紹介された弁護士や司法書士の費用が必要になる。

司法書士の受任範囲の制限

このほど弁護士業界と司法書士業界が争っていた債務整理業務における権限範囲が決着しました。
争点となったのは、司法書士が弁護士と同じように担当できる債務整理案件における上限額の解釈でした。
7月27日に開かれた上告審判決の最高裁第1小法廷は、司法書士が受任できる範囲を債権者が依頼者に返済を求める
それぞれの債権額が140万円以下としました。

 

この判決により司法書士にとっては従来の受任条件に比べ厳しくなることになりました。

 

争いを具体的にいうと、平成14年の司法書士法改正で、司法書士も簡易裁判所の民事訴訟や裁判外の
債務整理を依頼者から受任できるとされた、個別の上限金額である140万円についての解釈です。

 

弁護士業界は債権者が主張する債権総額が140万円を超えるものなら司法書士は受任できないと解釈しました。
一方、司法書士業界は債務の圧縮などで依頼者が実際に受ける利益が140万円以下なら、債権額や請求額の
いずれが140万円を超えても問題ないとしていました。

 

最高裁第1小法廷は、債務整理では依頼者が複数の貸し手から返済を求められる場合が多いことから個別債権を
基準とすべきであると指摘しました。
そして金額は客観的で明確に決められるべきだと指摘し、容易に特定できない司法書士側の主張を退けました。

 

この判決により今後は、140万円を超える債権について司法書士の受任はできなくなりました。

 

司法書士が複数の債権者について債務整理を依頼された場合は、1業者につき140万円を超えないものなら受任できます。
複数の債権額の合計ではありません。

 

それでも司法書士にとっては商売上、大きな影響が出るのは間違いないことでしょう。依頼者にとっても弁護士に比べ
手数料が安い司法書士が使えないのは困ります。

 

ただし、闇金の債務整理については貸付金額が少額で140万円以下がほとんどでしょうから従来とおり司法書士で問題ない
と思われますが相談する段階で確認をする必要があります。

闇金の実態その@


闇金金融とは、法律を守らずに貸金業を営む犯罪者を指す言葉です。
一口に闇金と言っても、昔と違って種類が増加し、なおかつ巧妙化していて一見しても判断が難しくなっています。

 

闇金特徴としては、違法な高金利で貸付けすることにあります。
例をいえば、「トゴ」といわれる10日で1割の利息(実質年率1825%)、「トサン」なら10日で3割(実質年率1095%)の高金利です。
一般的な金融機関と違い、返済日数の間隔や、貸付利率は債務者に応じて変わり固定されていません。

 

闇金(裏金融)の中には、車金融と呼ばれるものがあります。
これは電柱や駐車場のフェンスなどに貼ってあるチラシで知っている人も多いと思いますが、契約に従い返済し続けている限り
車を使用していてもOKです。

 

契約の手順は、申し込み時に免許証、車検証、実印、印鑑証明、住民票が必要となります。中には、車の保険やガソリン代の
領収書を要求するところもあります。
これは、車が査定され担保に取られることを意味します。約定通りに返済されないと車が自動的に闇金業者のものになります。

 

リース形式の場合は、最初から車両売買の名目で融資され、手続料や査定費用が差引されます。
リース料の名目で元金と利息を返済しますが、返済ができなければ、車が回収されます。

 

他にもヤミ金には、デリバリー金融と呼ばれるものも存在します。
電柱や壁、電話BOにチラシを張ったり、名刺サイズの広告で勧誘し、電話一本で指定する所までお金を届けてくれるものです。

 

闇金取り立て

裏金融は、正規の金融機関が融資しない多重債務者や自己破産者などにも融資しますので、ある意味便利かもしれませんが、ひとたび返済が遅れれば、その取り立ては半端ありません。

 

ここにヤミ金被害と言われる犯罪が顕在化することになります。
債務者に対する容赦ない取り立てにまつわる嫌がらせは自殺者や夜逃げを生み出しています。

 

ヤミ金業者は、複数台の携帯電話を使用し所在が分からないようにしていますから、警察も検挙が難しくなっています。手口も巧妙化して債務者本人に、携帯電話や銀行口座を新規に契約をさせ、それを返済金と相殺させるなど、より複雑化しています。

 

また、「偽装質屋」といって、あたかも質屋を営んでいるように見せかけ、年金受給者の高齢者を狙う悪質な手口も摘発されています。

 

こうしたヤミ金被害に対しては、個人での解決は難しいので、早く警察や弁護士、司法書士に相談するのがベストです。
ただ、警察には「民事不介入」の原則があり刑事事件でない限り根本的な解決は難しいです。弁護士や司法書士にはヤミ金被害に詳しい人もいますので、その人に解決をお願いする方が問題ありません。

 

闇金の実態そのA


全国にある消費者センターの情報によれば、ヤミ金被害に対する相談件数に変化はないようですが、中味を見ると債務者の生活を破壊してしまう、かつての様な過酷な取り立てをする闇金業者が増えているようです。

 

大阪の老夫婦ら3人が心中した平成17年の事件は社会を震撼させました。

 

これは、闇金による過酷な取り立てが原因でしたが、これにより闇金問題が社会に認知され、警察により闇金業者が全国各地で摘発されたことにより沈静化しました。

 

しかし、実際は闇金業者がいなくなったわけではなく、形態を変えて厳しい取り立てをしないソフト闇金と呼ばれるヤミ金業者が多くなりました。

 

それに加え、平成24年ころから、過酷な取り立てを行う以前の闇金業者が再登場してきました。
ヤミ金業者の一般的な取り立て方法は、借金した被害者の家族、親戚そして職場にプレッシャーをかけて、嫌がらせをして代理返済をさせることです。

 

注文していない出前が大量に届いたり、要請をしていない救急車が来たりすることも。また、職場へ頻繁に督促電話をかけ職場に居ずらくなるように圧力をかけます。

 

ヤミ金被害者は、借金していることを体面上、家族にも秘密にしている場合が多いです。これによりヤミ金業者相手に孤軍奮闘しようとしますが、闇金業者はそこにつけ込んで本人の周囲にいる人に対して代理返済させることを目的に嫌がらせをするのです。

 

これらの恐怖・不安から逃れたくて、借金を返すために借金をする最悪の借金スパイラルに陥る人も少なくありません。
もう1つ、大問題なのが本人が意図しないにもかかわらず犯罪の片棒を担がされることもあります。

 

そのやり口は、
返済の遅れや融資の条件により、被害者名義で携帯電話の契約あるいは銀行口座の開設を強要し、その携帯電話および銀行通帳と印鑑を取り上げて、犯罪に利用するものです。

 

裏金融からの勧誘は、さも正規の金融会社であるかのように、あの手この手で誘ってきます。
・スマホ検索で見つけた。
・チラシが配布されてきた。
・電話・メールで融資を持ちかけられた。
これを利用した被害者の多くは、後日に借りた相手が闇金業者だったとわかりますが手遅れ。

 

 

ヤミ金かどうかを、見分ける方法ですが・・・、
都道府県から認可された金融会社ならば、貸金業登録番号を店頭や契約書類、広告に表示する義務がありますから当然チラシにも記載しなければなりません。
無ければヤミ金決定ですが闇金業者はニセの登録番号を記載します。

 

もっと言えば、認可を受けた貸金業者が裏でヤミ金をしていたりしますからヒドイいもんです。

 

分かり易い判別方法としては、
闇金業者は被害者と直接対応せず、携帯電話を利用して連絡を取り合い、お金のやり取りは銀行口座を
利用します。事務所が無かったり、固定電話もなければヤミ金確定です。

 

ここで、闇金の取り立て被害者との間で使われる闇金業者の携帯電話や銀行口座は、前述したように闇金から被害者が強要されて開設させれたものです。

 

闇金の取り立て被害の専門家へ